松戸市斎場 > 葬儀マナー > 故人との対面、弔問マナー

故人との対面、弔問マナー

2014-05-15

一般の弔問客として、とりあえず弔問に駆けつけた時は、弔問受付の準備が整っていて、焼香ができるようである場合を除いて、玄関先でお悔やみを述べるくらいにしてすぐに辞去します。

 
後に改めて、通夜や葬儀に出席しましょう。

 
焼香ができるようであれば、霊前に線香を上げるか焼香をして、すぐに引きあげます。

 
近親者など、故人と特別な間柄にある方は別ですが、遺族を煩わせないためにも弔問客は長居しないように気をつけないといけません。

 
もちろん、死因などについて立ち入って尋ねるのは絶対に止めましょう。また、この時の服装ですが、アクセサリー類は必ず外してください。

 
後は、平服で構いません。

 
もしあなたがこの時点で香典を用意してあったとしても、弔問の場に直接持参するのではなく、通夜や葬儀などの場に持参するのが一般的ですので、そうしましょう。

 

たとえ生前どれほど故人と親しかったとしても、弔問客の方から対面を申し出るのは遠慮します。

 
しかし、遺族から「故人の顔を一目見てやってください」「故人にお別れをしてやってください」など、故人との対面を請われた場合には「お別れさせていただきます」と謹んで故人と対面してください。

 
対面している時は無言でも構いませんが、できれば「穏やかなお顔ですね」など、遺族を労わる一言をかけてあげたいものです。

 
また、故人と親しい友人だったりして対面が非常に辛く、取り乱してしまいそうだという場合には、無理をする必要はありません。

 
「お目にかかると、かえって辛くなりますから、失礼させていただきます」と、正直に伝えて辞退させてもらいましょう。

 

松戸市斎場総合案内
Copyright© 2010 松戸市斎場総合案内 All Rights Reserved.